住宅ローン アドバイス!住宅ローンの基礎知識、お勧めのフラット35、借換え相談のご紹介!

住宅ローン アドバイス TOP | 住宅ローンを組む |  住宅ローンの負担を減らす |   住宅ローンの金利 |   フラット35の解説 | 

フラット35って何?

「住宅金融公庫の独立行政法人化」により、平成19年4月1日より特殊法人の住宅金融公庫は、独立行政法人 住宅金融支援機構に組織変更しました。フラット35とはこの住宅金融支援機構と民間金融機関が共同で提供する35年固定型住宅ローンのことを指します。

既に多くの人が利用し、借り入れ件数は10万件に近く、消費者が安心して利用できる住宅ローンとしてフラット35はとても人気です。

最長35年の長期固定金利と低金利

フラット35の大きな特徴は、住宅ローン金利の上昇が心配される中、長期最長35年の固定金利と、大手銀行並みの低金利にあります。「変動金利」や「短期固定選択型」など他の金利タイプと比べると、返済額が変わらず安心して返済してゆけます。 20年を超える長期ローンの場合は、フラット35の低金利は圧倒的にお得?

保証料&繰上返済手数料が0円!

従来の金融機関の住宅ローンでは例:3000万円を35年間借入れた場合、 約60~70万円程の保証料を払う必要がありましたが、フラット35は保証料が無料!さらに繰上返済手数料も無料!

住宅金融公庫独自基準で住宅の質をチェック!

フラット35は独自の設計&現場検査で「住宅の規格・規模」「断熱性」「耐久性」「維持管理」 などの基準をクリアーしなければ借り入れができません。その為住宅の質も確保され安心です。

フラット35のデメリット

これは、フラット35だけではないのですが、まず、厳しい審査があること。 住宅の質をしっかりチェックできる利点も、しっかりした住宅じゃないと借入れできないとも捉えられます。 こうした借り以上県が厳しい点も機になります。

そして、その人の所得によって融資額が制限されること。 さらには申込み時の金利でなく、融資実行時の金利が適応されるにもかかわらず、手続きにも時間がかかります。 さらに、団体信用保険料は別途必要になり、繰上返済には100万円以上という最低額の設定がもうけられています。

安心の固定長期ローンも、多少融通が利くようになればいいのですが…

「フラット35」の融資金利情報はこちらから

住宅金融支援機構のホームページ >>
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携 最長35年長期固定金利住宅ローン

▼お勧めの住宅ローン
Vs̏Z[
[̎ނLxŁAڋqxIVsuZ[v܂͎B
Z[Ȃrah[Q[W
Jԍώ萔EۏؗŁA8aۏ񂪕tщ”\ȒcMI

|  運営者情報・免責事項 |

  Copyright(c)2008 住宅ローン アドバイス! All Rights Reserved.