住宅ローン アドバイス!住宅ローンの基礎知識、お勧めのフラット35、借換え相談のご紹介!

住宅ローン アドバイス TOP | 住宅ローンを組む |  住宅ローンの負担を減らす | 住宅ローンの金利 | フラット35の解説 | 

住宅ローンFAQ これから利用する住宅ローンには数年おきに金利が見直される変動金利と長期に金利の変動しない固定金利のプランがあります。 どちらがいいでしょうか?

一般的に変動金利は金利が若干低く、固定金利は高めに設定されています。
普通に考えれば、金利の低い変動金利の方が有利に見えますが、数年に一度、契約更新時に金利の見直しがあり、その時店の金融情勢を反映するので、いつまでも低い金利で借りられる保証はありません。
今後、日本の景気が上昇すれば、当然金利も上がります。
そのため、どちらがいいとは断言できません。

金利プランの選択は基本的に以下のようになっています。
これから金利の上昇が予想される場合は固定金利プラン。
→金利が上昇した場合、低金利での返済で済みます。金利低下した場合は、過払いのリスクがあります。返済計画は立てやすい。変動金利のローンより安全だと考えられる為、高金利に設定されている。
▼これから金利の下降が予想される場合は変動金利プラン。
→金利が上昇した場合、金利の支払いが増えていきます。金利が低下した場合、金利負担はどんどん減ります。返済計画が立てづらい。固定金利のローンよりリスキーだと考えられる為、低金利に設定されている。

このように、どちらにも利点とリスクはあります。誰も明日の事はわかりません。そのため、最近ではそのリスクを回避しやすく設計されている住宅ローン商品が多く存在します。そんなリスク回避のための多様な商品を選ぶコツとして、
・金利プラン見直しに手数料がかからないものを選択すること。
・固定と変動、一年毎など、まめにコース変更が可能な商品を選ぶこと。
をお勧めします。変動金利でも、固定にすぐ切り替えが可能であれば、危険を察知し切り替えることで、痛手を最小限にくい止められたり、固定金利でも、過払いを感じてすぐに切り替えられたら、過払いも小さく済む場合があります。
さらに、このように金利プランの縛りが少なく、フットワークの軽い金融商品であれば、優遇金利のサービス等も有効に受けることができるでしょう。


ファイナンシャルプランナーに相談
▼お勧めの住宅ローン
GE Money̏Z[
cƂ̕Ah/_Ј̕AΖN̒ZȂǂɂiCibv!
Vs̏Z[
[̎ނLxŁAڋqxIVsuZ[v܂͎B

|  運営者情報・免責事項 |

  Copyright(c)2008 住宅ローン アドバイス! All Rights Reserved.